横浜マリンタワー

Sand Art

episode.1
episode.2
episode.3

-FIRST STORY-

それは20代の男女の物語。ぼくらの3年間はマリンタワーから始まった。
あれから3年、一度も喧嘩をすることなく、
最初のデートで訪れたマリンタワーへと再びやってきた...

episode.1
episode.1-1
episode.1
episode.1

まるで世界樹のように。

横浜マリンタワーは多くの物語を
見守っている。

episode.1-2
episode.1
episode.1

土曜日の昼下がり

元町・中華街駅で待ち合わせ。
それが僕らのファーストデートだった。

episode.1-3
episode.1
episode.1

二人で丘を上り
山手にあるカフェを訪れる。

アフタヌーンティーの美味しさと
クラシカルで落ち着く雰囲気に会話が弾み
僕らの距離を近づけてくれた。

episode.1-4
episode.1
episode.1

山手をくだる坂道の向こうに
横浜マリンタワーの姿が見えた。

手を繋ぐ勇気を出せず


「マリンタワーに行こうか」


そう、言葉で間をつないでしまった。

episode.1-5
episode.1
episode.1

本当は
ファーストデートはマリンタワーだと決めていた。

展望台から見える夕焼け空とベイブリッジ。

僕らは、どちらからともなく
いつの間にか、自然と手を繋いでいた。

episode.1-6
episode.1
episode.1

山下公園でピクニック。

オータムローズを愛でに
港の見える丘公園のローズガーデンへ。

episode.1-7
episode.1

バラの香りに包まれて
僕らははじめて
キスをした。

episode.1-8
episode.1
episode.1
episode.1

ホテルニューグランドの中庭のイルミネーション。

君が強く握りしめた
最初の手の感触
決して忘れることはないだろう。

episode.1-9
episode.1
episode.1
episode.1
episode.1

共に重ねた
季節の数だけ

僕らの思い出はふえてゆく。

少しづつ
ゆっくりと

深まる愛を
たしかめるように。

サンドアート:サンドアート集団SILT
アコーディオン : 田ノ岡三郎

-SECOND STORY-

銀婚式を迎える50代の男女の物語。

私達は、マリンタワーのバーで、お酒を楽しんでいた。

結婚をして25年、銀婚式の記念の指輪を、妻に贈る。

「まるで、もう一度結婚したようだわ。」

君は、あの頃のような初々しい照れ笑いを浮かべた。

episode.2
episode.2-1
episode.2

横浜マリンタワー物語~THE TALE OF YOKOHAMA MARINE TOWER~
◇SECOND STORY◇

episode.2-2
episode.2
episode.2
episode.2

マリンタワーのバーで乾杯。

episode.2-3
episode.2
episode.2
episode.2

銀婚式のお祝いに
セカンドマリッジリングを。

「まるで、もう一度結婚したようだわ。」

君は、あの頃のような
初々しい照れ笑いを浮かべた。

「プロポーズも、ここだったわね。」

episode.2-4
episode.2
episode.2

当時、マリンタワーは
まだ灯台でもあった。

あの時代の思い出が、
走馬灯のように蘇る。

episode.2-5
episode.2
episode.2

マリンタワーの展望台で、
高すぎると怖がって
君はしがみついてきたね。

「本当に怖かったんだから」

episode.2-6
episode.2
episode.2
episode.2

マリンタワーのレストランで
君はフォークを落としてしまい
食べさせてあげたね。

「あれは恥ずかしかったわ」

今となっては全てが笑い話だ。

episode.2-7
episode.2
episode.2
episode.2
episode.2

「あれ、覚えてる?」

忘れるはずがない。
誕生日プレゼントの帽子。
ロイヤルウィングのアフタヌーンティーを食べ終え
オープンデッキに上がった時に
風のいたずらで
帽子が飛んでしまったこと。

episode.2-8
episode.2
episode.2
episode.2

あの奇跡が
勇気を与えてくれた。

episode.2-9
episode.2
episode.2
episode.2

ベイブリッジの下で
はじめてのキスをした。

サンドアート:サンドアート集団SILT
アコーディオン : 田ノ岡三郎

-THIRD STORY-

とある家族の物語。

父と母は、幼い僕をマリンタワーによく連れていってくれた。

館内のレストランで、たまに一人で訪れて、ハンバーグを食べている。

その度に、涙でしょっぱい味になってしまう。

母がハンバーグをナイフで切り分けてくれたことを、今でも忘れてはいない。

はじめての展望台で観た景色の感動は、今でも忘れられない。

episode.3-1
episode.3
episode.3

横浜マリンタワー物語~THE TALE OF YOKOHAMA MARINE TOWER~
◇THIRD STORY◇



母と父は、
幼い僕をマリンタワーに
よく連れていってくれた。

episode.3-2
episode.3
episode.3

館内のレストランで、
たまに一人で訪れて、
ハンバーグを食べている。

その度に
涙で
しょっぱい味になってしまう。

episode.3-3
episode.3

母がハンバーグを
ナイフで切り分けてくれたことを、
今でも忘れられない。

サンドアート:サンドアート集団SILT
アコーディオン :